金太郎飴をつくったわけ。




はれ、ときどき、あめ。


あめ、ときどき、しあわせ。



お口の中から広がる幸せも、あるかと思って。


子どもの日が近い、梅雨入りも近い、


今日このごろ。



以前から気になって、


いつかつくろうと思っていた金太郎飴。


来年2023年


ウケるちゃん誕生10周年となるので、


その時に。と


思っていたのだけど。。


それを待たずにつくってしまったというわけ。



ほんのり優しい、いちご味。


1つ口にしただけで、


不思議と幸せな気持ちになれるのは


僕だけだろうか。


身内だけじゃなく、


その小さな幸せを味わって欲しくて。


本日4月25日、


NPO法人広島子ども食堂支援センターに


200袋寄贈してきました。



自分に子どもがいなかったら、


金太郎飴をつくろうという発想に


なっていなかったかもしれない。


子ども食堂という存在すら、


知らなかったかもしれない。



ウケるちゃんのいろんなものを作ってきたけれど


今までで一番、味のあるものになった気がする。



毎年寄贈を続けられるといいな。



子どもたちが幸せになれる社会になるといいな。







2022.4